心理相談室アルファフォーラム  追加ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

長期服用・改善プログラム (重要)

カウンセリングやセラピー(心理療法)を繰り返し進めていくこ
とによって、症状が段々やわらいできます。

②現在お薬を服用されている場合は、「症状がやわらいできたこと」
をお医者様に伝えていただきます。

③それを聞いたお医者様が、薬の処方をより弱い形に変えていって
下さいます。

④そういったことを繰り返していきながら、やがて最終的には、薬
もカウンセリングもいらなくなる段階が来ます
(予定です。個人差
もあります)。


雅子様(妃殿下)「適応障害」における治療方針 (宮内庁発表)
①環境調整
②精神療法 (=カウンセリング・心理療法)
③少量の薬物療法

雅子様の治療においては、上記のように、薬物療法(投薬)は少量
で、カウンセリング・心理療法が重視されました。


一般的には、日本の場合、精神疾患の治療は薬物療法(投薬)が中
心となっています。
しかし、欧米諸国に比べた時、こういった向精神薬の処方頻度が、
日本は6~20倍も多いのです。

イギリスの指針では、不安を症状とする軽い疾患なら、カウンセリ
ングが中心
で、ベンゾジアゼピン系の投薬は短期間となっています。
日本はカウンセリング体制の不備で、安易に薬が使われやすい状況
となっています。

お薬の「長期服用」の問題点としては、
副作用
依存性
免疫力低下
妊娠にもよくないこと などが挙げられます。


当相談室では、ご希望の方に、長期服用・改善プログラムを実施
しております。
◆ご予約・お問合せ専用TEL
TEL:0279-23-3450 (心理相談室アルファフォーラム。群馬県
渋川市)


なお、現在、多くのメディア(NHK、TBS、フジテレビ、小学館、
読売新聞など)が、「長期服用」問題や「多剤大量服用」問題など
を、たびたび取り上げていること
を付記しておきます。

※ここに書かれていることは、緊急かつ重要な内容です。
長期服用されているご本人様及びそのご家族様には、ぜひシッカリ
読んでいただきたく思います。
また、お友達・お知り合いの方で長期服用されている方がいらっし
ゃいましたら、この資料をメール転送もしくはプリントアウトされて
差し上げて下さい。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。