心理相談室アルファフォーラム  追加ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

幻覚(幻視) (実例16)

(プライバシー保護のため、極めて簡略に表現させていただいており
ます)
〔京都府・20代・女性〕
幻覚(幻視)が見えます
→統合失調症の陽性症状の一つです。
多くの心理相談室では、心理療法をされているといっても 認知行動
療法や交流分析などを意味する場合が多いわけですが、それらの心
理療法では、ふつう統合失調症は対象外になります。
その点トランスパーソナル心理療法では、幻覚(幻視)に対しても 充
分対応できます(なお、この件に関するお問い合わせは、直接 私の
ところへお願いします)
カウンセリングとセラピーをていねいに進めていきます
→セラピーは、イメージ療法・物語療法・絵画療法・動作療法などを進
めていきました
→統合失調症の場合、基本的には時間がかかります。
しかし、トランスパーソナル心理療法を進めていくことで、症状がだんだ
ん好転してきています
トラウマについての詳細はこちらへ
(トランスパーソナル心理療法につい
ての説明もあります)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。